トップページ育成会について活動内容関連機関のご紹介お問い合わせ
育成会について

会長挨拶

はじめまして!NPO法人伊丹市手をつなぐ育成会です。

 私たちの会は昭和33年に知的に障害をもつ親たちが結成した会です。

障がい児者が、普通に地域で暮らせるように、早期療育・教育・就労・高齢化問題など多様な課題に取り組んで参りました。これからも行政と一緒に、障がい児者がより良く生活できるための活動を致します。

 

                   NPO法人伊丹市手をつなぐ育成会  理事長 下村 直美

会の歩み

 

伊丹市の育成会の主な運動と実績

 

1965年

初代木村会長の呼びかけで中野のお寺を借りて「さつき学級(成人の日中の居場所づくり)」を開設~のちの「市立さつき学園」へ

1970年

育成会の活動資金確保のため婦人児童センター・プール売店を実施

1977年

親亡き後の居住施設建設基金として1口1,000円募金の開始

1980年

働く場として「街のパン屋さん」の設置を提言、のちに市立ミニスーパー「福祉の店」として開設~2002年まで営業

1983年

居住施設建設の一環として通勤寮「市立あけぼの寮」が開設(社会事業協会運営)、基金から1千万円を寄付、その後数年運営資金を寄付

1986年

就労の場の拡大のため小規模作業所「はこべ作業所」を開設運営

その後、育成会を母体とするNPO法人「手をつなぐ」事業へ

1988年

育成会を母体とした社会福祉法人設立を目指し設立基金の募集(目標1億円、会員118万円を拠出)

1997年

社会福祉法人「いたみ杉の子」を設立、同法人による通所授産施設「ゆうゆう」を開設、7,000万円を寄付

2007年

「いたみ杉の子」による入所施設「ライフゆう」を開設、1億円寄付

2009年

新規ケアホーム開設補助制度を実施

2011年

NPO法人「手をつなぐ」事務所開設に300万円

2013年

社会福祉法人「協同の苑」通所施設「さつき」全面改修に300万円寄付

 

組織と会員

  理事会ーーー代表者会ーーー学齢期部会(就学前~高校生)

               協同の苑さつき・くすのき部会

               いたみ杉の子部会(通所・入所)

               OB部会(一般就労・その他)

       ー地域生活あり方懇談会・成人対策委員会

       ー広報(機関紙「どんぐり」・ホームページ・Facebook)

       ー啓発・支援(クッキー部「工房杉の子」・お祭り売店・募金活動・鉛筆販売「心のとも」)

       -早期療育(「ことばの教室(言語・音楽療法)」)

       -相談(知的相談員・ピアカウンセラー)

       -会員交流(地区懇談会・育成会まつり・バスツアー)

       -伊丹兄弟姉妹の会

会員募集

  伊丹市手をつなぐ育成会(以下、育成会)では、会員を募集しています。

 私達と一緒に、障がいのある人の豊かな地域生活の実現に向けて活動しませんか?

 会員には次の2種類の会員があります。詳細は、事務局にお問い合わせください。

  <正会員>

   知的障がい児・者の親(兄弟・姉妹等)で、育成会の活動目的に賛同し、

   共に活動していただける方

  <賛助会員>

   育成会の活動を賛助していただける団体、企業、個人による会員

  <会員入会、会費等の問合せ先>

    NPO法人伊丹手をつなぐ育成会 事務局

    受付日時:火~金(祝日、祝日の翌日は休み) 10:00~16:00

    住  所:伊丹市昆陽池2-10 アイ愛センター2階

    電  話: 072(770)5410 FAX 072(770)5610

            メール : ikuseikai-3@kmf.biglobe.ne.jp